出会い系サイトのメルパラ(めるぱら)アプリ体験談-早く処女を捨てたいけど・・・相手がいないから出会い系サイトで探しました


メルパラ(めるぱら)(18禁)詳細はこちら

みなさん、こんにちわ。

女性の出会い系アプリ体験談の管理人のゆうこです。

出会い系サイトのメルパラ(めるぱら)アプリ体験談です。

22歳で、まだ処女ってやっぱりおかしいですよね。

だから、相当焦っていたんです。

周りはみんな経験済みだし、話にもついていけない状態。

だけど、誰にも処女なんて言えないから、どうしよう!早く捨てたい!って思っていました。

でも、そんな相手もいないし、今すぐには見つけられない。

だから、この際なんだからもう誰でもいい!って思って出会い系サイトのメルパラ(めるぱら)で探すことにしました。

メルパラ(めるぱら)ならアプリもあるから、パソコンみたいに誰かに覗かれる心配もなくて安心でした。

スマホだけで完結できるってところも、便利だなって思ってたし。

だから、登録の時も全然難しくありませんでした。

登録は、電話番号が必要なことと、身分証明書が必要なこと以外はすごくスムーズでした。

電話番号って言ってもかけるだけなのに、間違えて自分のが必要なのかと思って(笑)自宅の番号からかけてしまうところでした・・・

年齢認証は隠すところがたくさんあったので、ちょっと大変なぐらい。

それでも全然、ポイントカードの登録並みに簡単でした。

そして、登録が済んだので、早速プロフィールに写真をつけて、掲示板にも投稿してみたんです。

掲示板の投稿も普通に簡単でした。

女性はすべて無料だったので、すごく驚きましたが、これで絶対に相手が見つかるような気がしたんです。

掲示板には「初めての体験をお手伝いしてください」って書きました。

処女アピールなんて嘘くさいし、ちょっと恥ずかしいのもあったんですよね。

でも、やっぱり気がつく人はいるみたいで、すごい反響がありました。

一晩放置していたんですが、朝になってみたら13通もメールが来ていたんです。

そこで、一人ずつちゃんとプロフを確認して、優しそうな感じのだいすけさんに決めました。

だいすけさんは29歳の会社員で、かなりメールもきっちりした文章だったのも好印象でした。

ライン交換後の翌日に会う約束をして、とうとう処女を捨てる日が来たんです。

だいすけさんは以前にも、こう言う経験があったみたいなので、すごく優しくなれていました。

しかも、イケメンだったこともあったので(笑)おかしいんですが、そこも決め手となってます。

カフェでお茶しながら、お互いのことを話して1時間後、ホテルに行きました。

「怖かったら帰っても大丈夫だよ」って言ってくれたんですが、その言葉で行く決心ができました。

最初は、とても怖かったんですが、胸を触られたりするのって、すごく気持ちが良くて、自分でもびっくりするほど、あそこが濡れていたんです。

最初は、おりものだと思ってたから、汚いと感じていたんですが、そう言うことではないみたい。

準備が整ったってことだったみたいです。

優しくあそこを舐めてもらったら、早速入れてもらって・・・やっと処女から卒業することができました。

とっても痛かったのですが、血が出たりすることはなくて、コンプレックスから解放されてすごく嬉しかったです。

ちなみに、だいすけさんとは付き合うことになってしまいました。

それからと言うものちゃんとエッチも楽しめるようになって、最近はかなりイケるようにもなりました。

こんな快感味わえることになったメルパラ(めるぱら)には本当に感謝です。


メルパラ(めるぱら)(18禁)詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする